日之影 SUMMER 2017 イベントメモリー!! イベント情報

08.29.2017 Trackback:0Comment:0
日之影 SUMMER 2017





イベントの内容は写真と共に!!

時系列でご覧下さい。


IMG_3878.jpg

26日朝9:00...

曇天と小雨の中

日之影 SUMMER 2017スタートしました。











DSC_0115_20170828185814ff6.jpg

上流に位置する神太郎エリアは時間とともに濡れて来ました。

それでも!!登れました。

ただし時間により、下流に位置する石棚エリアニューボルダーに移動です!!

DSC_0131.jpg 

DSC_0127.jpg













MUHY8281_201708291334147a0.jpg  

IMG_3891.jpg

石棚エリアは全く問題なく登れる状態でした。

川水も渇水...難なく徒渉できる状態ですがガイドロープを2カ所張りました。

朝10時でも裸な天気です。参加者それぞれが、エリア中を周り、

登りに水遊びに十分楽しみました!

日中は雨どころか、日差しも強く飛び込みたくなる陽気でした。

IMG_3917.jpg



IMG_3881.jpg








IMG_3935.jpg

上...レックレス on 小針さん!!

下...ゲイシャ フジヤマ on 大塚さん!!IMG_3926_201708291310456d0.jpg


下...ライブストロング on ノムさん!!IMG_3912.jpg


Mr.ROCK PARTY!!IMG_3903.jpg

下...ガン トゥ ガン on ケンセイ!!


IMG_3958_20170829131227b3a.jpg




下...スモウス ラブ on レジェンダリー!!


IMG_3977.jpg









水遊びも!!

IMG_3970_2017082913123845d.jpg


IMG_3980_2017082913182505e.jpg


夕方4時には、まだまだ登りたい気持ちを残し終了!






RCP…エリア清掃活動を開始!

 石棚エリアは、日之影でも有数の景観地

鮎やヤマメの上がり場の最終場でもあり、

ツーリストを始めキャンパーやアングラーも多数訪れます。

 降り口の滑り易い所には、石を入れ歩き易く、

岩場、及び周辺道路のゴミを拾い集めました。 







IMG_3999.jpg
















RCPPHOTO.jpg


ご協力に感謝です! 












5時よりは、お楽しみの懇親会! 朝早くから地元の皆さんが

準備した、ごちそうとクライマーと地元の方々との交流です!!





































DSC_0198_201708291633250d5.jpg








DSC_0200.jpg


IMG_4156_201708291314249c1.jpg

薪と釜で炊き上げた地元米のご飯

IMG_4157_20170829131427ce5.jpg


飯干さんの煮込んだ猪肉カレーは絶品です!!

もう10年近くイベントのお給仕でお世話になっています。



IMG_4158_2017082913142627c.jpg 


花火にスイカ割り…虫捕りにも!

子供達も日之影 SUMMERならではが楽しみです!


IMG_4046.jpg









IMG_4048.jpg















DSC_0220.jpg 


















27日…10時 

日之影 SUMMER 2017 2日目がスタートです! DSC_0223.jpg


快晴の中、エリアが呼んでいます!!



DSC_0228.jpg







20170827_170828_0076.jpg




見立地区ボルダリング支援会の皆様と

地区の住民の皆様が応援に協力して下さいました。

いつもクライマーがお世話になります、

218号最後のコンビニ ファミリーマートの店長も!!





エリア迄はこの皆様が軽トラで送迎です!!



IMG_4085.jpg







IMG_4077.jpg








IMG_4080.jpg







IMG_4091.jpg








エリア到着!!

パリッパリに乾いた岩と素晴らしい景色が待っています!!

それぞれが、トポで確認!!


DSC_0241.jpg








DSC_0245.jpg






DSC_0247_20170829165651098.jpg







 DSC_0281_201708291832277d8.jpg








20170827_170828_0062.jpg

上、下...外岩ならのいつもの嬉しい方々!!


DSC_0256.jpg









DSC_0257_20170829151138ddc.jpg




IMG_4126_20170829151534327.jpg






IMG_4148.jpg






IMG_4124.jpg


上の岩、下の岩さらにその下の岩とクライマーは連なります....


IMG_4120.jpg



下...incorporate on アソーさん‼︎

IMG_4119.jpg

on サーリさん‼︎

IMG_4146.jpg

宮崎日日新聞や夕刊ディリーの方々も取材に!!

IMG_4111.jpg







IMG_4138_2017082914023993e.jpg



 下....多分PROJECT以外の最難#1 卍 on ユウタくん‼︎


IMG_4103.jpg








IMG_4098_20170829172655211.jpg

下...雨" (ウ") on ヨウくん‼︎


DSC_0298.jpg









DSC_0322_20170829174640281.jpg




エリアにはトイレを2台設置しました。


IMG_4131_20170829151539fff.jpg









エリアで冷たいジュースを販売してもらいました!! 



地権者の皆様も見学に来られました。

嬉しいお言葉もかけて頂きました。

20170827_170828_0050.jpg






おいしいおにぎりもお昼に間に合う様に準備して頂き

参加者全員に差し入れして頂きました。


DSC_0292.jpg








新緑を過ぎ深い深緑へと移り変わって行くでしょう...


IMG_4121.jpg




 




20170827_170828_0006.jpg




帰りは全ての岩周辺と通り道、道路に

忘れ物、落とし物、ゴミ等 全てチェックしました。

20170827_170828_0007_201708292018250e9.jpg







 DSC_0325_201708292036493c5.jpg



静かな山に戻りました。


DSC_0323_201708291940365fc.jpg













閉会式

見立地区ボルダリング支援会の馬崎さんより

感無量のお言葉を頂きました。

DSC_0328_20170829174616f88.jpg







20170827_170828_0003.jpg








DSC_0330_201708291723328e1.jpg






僕らクライマーこそ頭を下げて拍手で

見立地区ボルダリング支援会と

地域でお手伝い頂いた地元の皆様に


感謝と労いを!!


DSC_0331_201708291940392fe.jpg








最後に天昭石(見立礫岩)で出来た地元特産の豪華なストラップを!!

見立地区ボルダリング支援会の上田さんよりプレゼント!!


DSC_0333_20170829172339846.jpg








おめでとうございます。


DSC_0335.jpg 








以上で日之影 SUMMER 2017閉会しました。






昨年の日之影 SUMMER 2016は天候不良で翌日中止でした。


今年は河川に神太郎水神ニューエリアが誕生し、



昨年公開そびれた、石棚のニューボルダーも合わせて

公開することが出来、肩の荷がおりました。






梅の木峠については前書した通りです。

なぜ"今"公開しなければならなかったかも

解って頂けたと思います。






ここ日之影は特に見立地区の地元の皆さんは、

ボルダリングする皆を受け入れて歓迎してくれます。

岩場整備は仕事を休んでボランティアで、

重機や機械はもちろんの事。

送迎の軽トラの燃料や懇親会の食材も

持ち寄って下さいます。

食事支度や片付けも同様に。

本当に今回のイベントの収益でお返しするには

ほど遠い価値です。

それでも、地元の方々は、楽しかった~

すごいわー よかったよー

またいつでも来てよ、来年も会いたいわー

と言って下さいます。






はたして僕らは何をすればいいのか...

改めて考えさせられます。






来年イベントができるかどうか解りませんが、

日之影に来て、地元の方に笑顔で挨拶する

日々をずっと皆さんと続けて行きたいです。
















僕らのクライミング オブ フューチャー!!

パパ、ママ登った所がこの子達にも....

永遠に。


IMG_4099.jpg 








ありがとうございました。

日之影ボルダーサイト

清川洋光







 

日之影 SUMMER 2017 終了しました。 イベント情報

08.28.2017 Trackback:0Comment:0

IMG_4067.jpg 

日之影 SUMMER 2017 無事に終了しました。


両日共に晴れて、十分に登れた事は奇跡でした!!

信じた参加者の思いが通じた気分でした。




千葉、愛媛を初め九州全県より

130名の参加者のクライマーには

見立地区ボルダリング支援会

日之影ボルダーサイトより

来て頂いて   "ありがとう"  を!!




このイベントに力を貸して準備に尽力頂いた

見立地区ボルダリング支援会



後援頂いた日之影町




懇親会の食事の準備、片付けして頂いた

地元近隣の皆様




イベントの際には必ず給仕に力を貸して頂く

仲組公民館の鍵の管理をお願いしている

飯干さんが提供して頂いた猪肉カレー




日曜日の150個のおむすびのふるまい

お米は支援会の馬崎さんより、

むすびは仲組、見立の婦人部の皆様




梅の木峠迄の10台を越える軽トラックでの

ピストン運搬


20名を超える地元住民の皆様のボランティアに




参加したクライマー全員が感謝し

"心から有り難うございます" と!!












全ての皆様に心より感謝と敬意を表します。

有り難うございました。





日之影ボルダーサイト

清川洋光









26日イベントで発表しました、

石棚エリアのニューボルダーや神太郎水神エリアは、

アプローチもそれほど厳しくなく

初心者から楽しめるエリアです。

他の10エリアと同様に今後も皆に愛される

エリアになって行ければ幸いです。

いつも書く事ですが...

日之影のエリアをキープするのは

訪れるクライマー1人1人が開拓者として

草を刈り...苔を落とし...

ランディングを整備し...

そして登る事で出来上がります。

楽しんで、登って...少しだけ力を貸して下さい。

どうぞよろしくお願いします。










また27日に発表しました、

"梅の木峠エリアの今後"について....

をお知らせ致します。




梅の木峠エリアはイベント終了後

エリア立ち入り禁止です。

この地では許可が出る迄

登れません。



8月24日

宮崎市内に有ります

国立研究開発法人 森林研究・整備機構
 森林整備センターにて、
同センター代表の方々 

管理 実行企業の㈱木望の代表の方々 


見立地区ボルダリング支援会と

クライマー総代日之影ボルダーサイトで

イベントの許可と今後の利用に付いて協議致しました。







梅の木峠エリアは水源林造成事業地で、

地権者と国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林整備センター

また入り口ゲートの立て看板を御覧になった通り

地権者でもあり管理 実行企業の㈱木望の3社の元に有ります。

その為の入り口ゲートから上の道は事業道であり、ボルダーエリアの地も植林事業地です。

(峠下の広い駐車場はまで日之影町の町道です。)




梅の木峠で登るには、この道を使う、もしくは通ることでの事故等の問題

この地でのボルダリング行為の事故等の問題

ボルダー近隣の森林に際する火気、用便等の問題

植林された場合はボルダーまでのアプローチや

マットを引くスペースなども無くなり、
また苗を傷つけたり痛めたりは当然のこと
出来ませんので立ち入りから難しくなります。

地権者の方々の多くはボルダリング行為に対して好意的です、

木望様も森林整備センター様も一応の理解は頂いています。

ただ、

地権者の土地活用の利害と上記2社が負う
管理責任問題は、今後、クライマーがこの地で登りたいと
思う希望に、複雑な利便性を欠く規則関係を強いられます。




今後、話し合いは続いて行きますが、

クライマーの自我として、

梅の木峠の景観の素晴らしさと

見立礫岩のボルダーの貴重さ

ボルダーの数や質には、

多くの未来が残されています。




クライマー自身はアルピニズムの起原から変わらず、

オウンリスク(全てに自己責任)

に帰因します。

そこに行く、通る、登る、

そこのエリアのルールやマナーも....

全て。


エリア利用の利便性はエリア発展の大きな鍵です。




何十にも科せられる規則や決まり事で管理されるよりは、

大きな意味の大きな箍で協調して行ける様に、

交渉の努力を惜しまないつもりです。




今回のイベントで使用したボルダーは
梅の木峠エリアのほんの一部です。

裏の林には、まだまだ沢山の未開拓ボルダーが
眠っています。



イベントに参加されて、
登られていかがでしたでしょうか?

よしも悪しも感想をSNSでご掲示下さい。





再開の希望はそこにあるかもしれません。









また、再開迄はお配りしたトポは公開無しで

このイベントに参加したメモリーでお願いします。



いつか再開出来る日まで....

 IMG_4179.jpg



IMG_3482.jpg 








*石棚ニューボルダーの駐車場案内

*神太郎水神エリアの駐車場案内

はすぐにご用意してお知らせ致します。

20170827_170828_0033.jpg 








日之影 SUMMER 2017 イベント情報

08.25.2017 Trackback:0Comment:0
明日、明後日の
日之影 SUMMER 2017開催いたします!
現在は、岩もカラカラ…
清流は程よく活水…
天気も快晴…
風は涼しく…
絶好のコンディションで
参加者の皆様を心よりお待ちしております!
是非お気を付けてお越し下さい!
 

日之影 SUMMER 2017 エントリーリスト最終!! イベント情報

08.04.2017 Trackback:0Comment:1






 日之影 SUMMER 2017
最終エントリーリスト

沢山のエントリー有り難うございます。
当日を楽しみにお待ちしております。

このイベントに参加して頂く皆様に....
日之影のボルダリングエリアで、ボルダリングを通して
地域交流の一端を担うクライマーである事を
誇りに思い感謝致します。

町 村 地域の人々と作り上げたこのイベントを
是非楽しんで下さい!!


当日のスケジュールを今一度確認下さい。
イベントスケジュールはこちらから


嬉しいお知らせ!!
26日の懇親会
地元の名産....ジビエの
鹿肉のお刺身
日之影川の鮎の塩焼き
焼き鳥
野菜
焼きそば
仲組婦人部から
去年も大好評でした鹿肉カレー
などなど
ジュースやアルコールの飲み物も
ふんだんにご用意致します。
花火や虫取りにも行きますよ!!


翌日27日
見立地区ボルダリング支援会の提供で
地元のおいしいお米を使い、
仲組婦人部と見立婦人部の皆さんで
おむすびを参加者全員に振る舞われます。
炊きたて、出来立てをお昼に届けて頂きます。
さらに、エリアでは冷たい飲み物の販売も有りますので、
持参する手間無く、熱中症対策にも是非活用下さい。



本日〜23日迄のエントリーキャンセルの連絡やお問い合わせは、
メールにてinfo@hinokage.jpn.orgにお願いします。
24日以降の連絡先は
メールclimb-or-die@docomo.ne.jpにお願いします。
当日の緊急の連絡先は
090-7458-2202  清川までお願いします。


26日(土曜)
岩城 あや
山崎 健誠
浦辺 章子
金子 達也
白井 健三
芝原 大樹
冨永 英彦
宮本 優
野村 和喜
安藤 健一
堀之内 智也
栫 彰行
相澤 常滋
相澤 笑美子
阿南 真之
緒方 誠也
中村 祐希
西 裕樹
相良 信也
中尾 道代
池邉 哲士
平野 智志
谷口 候子
竹本 光   小中学生


26ー27日(土曜−日曜)
原口 優希
諸石 翔吾
江上 泰浩
江上 かりん 小中学生
小林 莉亜埜 小中学生
田島 瑞歩  小中学生
大塚 雄一郎
小針 剛
廣田 竜馬
澤井 友洋
澤井 友恵
清水 信彦
清水 沙紀
清水 由愛  小中学生
藤崎 秀一
松本 優朋
桒原 郁子
黒木 陽   小中学生
林 宗大
一政 幸生
一政 みゆ  小中学生
一宮 紀彦
原山 敬浩
甲斐 真理子
祝    茂男
堤 千枝美
松島 晴美
陣内 安幸
西村 俊文
麻生 直史
安田 泰平
大村 有香
矢野 希代子
小田 祐美
飯田 貴久
兼城 尚子
兼城 雄太  小中学生
兼城 伸太朗 小中学生
藤倉 慎也
古川 孝爾
西川路 貫太
酒井 康司
丸岡 歩
奥野 孝太
長谷川 智彦
下羽 淳平
甲斐 彪悟  小中学生
森笹 達也
柏木 敏治
城下 義郎
田代 宗幸  
田代 歩夢  小中学生
田代 桧悠  小中学生


27日(日曜)
中道 由紀子
田上 勇
高口 洋平
一瀬 隆幸
森田 哲朗
杉元 学
永峰 洋
小山 偉子キャンセル
坂口 武弘
黒木 大地  小中学生
宮本 勝由
長谷川 快充
杉尾 裕司
尾崎 忠
藤原 彰夫
嶋口 穣
古藤 健二
幟持 宏倫
渡辺 沙亜里
松中 康寿
松中 康希
遠藤 智広
松永 弦士  小中学生
新藤 健司
濱田 賢
平岡 賢介
平岡 千明
藤井 茂久
藤井 昭子
江藤 剛
日髙 清志キャンセル
本多 豊明
白須 奈都絵
白須 紅日花 小中学生
濱口 勇英
森 陽介
岩崎 正弘
山口 参悟
濱崎 和明
柴田 健一
清水 大介
池田 紳
中尾 豪
安河内 大
三宅 康雄
古賀 啓史
村川   衛正
深川 勇生
山中 裕貴
辻 雅博
植木 孝一
沼田 洋輔
沼田 美香
沼田 沙羅 小中学生
沼田 菜々 小中学生
沼田 龍  小中学生
沼田 啓斗 幼児
千田 ひかる
中島 周作

以上

26日 集合場所 地図
仲組公民館

8.23変更になりました。
27日 集合場所 地図...
見立公民館 
仲組公民館より車で15分
県道6号線を上流に直進です。
スタッフが待機しております。



000  


重要なお知らせ!!
仮称"梅の木エリア"は広大なボルダーが眠っております。
ただ、この地は植林の事業地です。
植林事業は地主の皆様と国立の関係機関やその実務管理会社の元になります。
(現在は伐採後ですが、既に場所によっては植林が始まっております。)
このエリアのアプローチの一部には、植林事業に際しての管理道路があり、
その使用にあたっての責任の所存など....交渉の余地を残し現在進行しております。
煤市地区の(ボルダーエリア)の地主の皆様、日之影町、煤市、見立の地域の皆様
はボルダリングを前向きに理解して頂いていますので、関係機関の皆様の聡明
に対処頂く事を、このエリアを利用しやすい環境にして頂く事に、
見立地区ボルダリング支援会と日之影ボルダーサイトで善処して行きます。
今回のイベントで参加者皆様にご紹介し、登って楽しんで頂いた後は、一旦クローズになる可能性もあります。イベント迄に話し合いが付けば継続オープンですが、間に合わなければ一旦クローズです。
イベント参加者の皆様はご理解、ご了承の上どうぞご参加下さい。
MAP_20170809145308d03.jpg 


 
日之影summer 2017

日之影 SUMMER 2017 開催のお知らせ。 イベント情報

07.20.2017 Trackback:0Comment:0
日之影summer 2017  





日之影 SUMMER 2017 開催のお知らせ。
開催日 
2017年 
8月26日(土曜日)27日(日曜日)

参加費
26日(土曜)のみ参加 
大人¥2,000-   中学小学生以下無料(参加賞無し) 


27日(日曜)のみ参加 
大人¥3,000-   中学小学生以下無料(参加賞無し)


両日(懇親会バーベキュー、飲みもの、宿泊費込み)
大人¥4,000-   中学生小学生無料(参加賞無し)
*土日参加で懇親会不参加(日帰り、別泊)の方および、土曜、懇親会参加で日曜不参加の方も含みます。

 

参加賞
レザーで印刷、ファイルした
石棚エリアニュートポ 
神太郎水神エリアトポ
どちらも、岩配置図、課題表、岩の写真とスタートマーク付き。
仮称"梅の木"エリアの地図とコンペ用FA課題のマップ。


イベントスケジュール
26日(土曜)
開始時間:
それぞれの到着時間に仲組公民館においで下さい。
スタッフは朝10時より待機しております。
受付後トポと参加賞をお渡し致します。
石棚ニューボルダー/神太郎水神エリア
お好きなエリアもしくは両方で登られてもOKです。

 石棚ニューボルダーは30個の新たな岩と66本のニューライン!!
10級から初段までの全く新たなニューボルダー/ラインが有ります。
ニューボルダーへのダイレクトに行ける、新らしい降り口もご紹介出来ます。
 神太郎水神エリアは、川の高低差による絶景が見れ、
アプローチも楽なエリアです。
擁壁から飛び出たチョックストーン、流線型の巨石、クラックルーフ
など...変化にとんだ課題が詰まったエリアです。
課題数は40課題弱ぐらいですが、10級からv10(?)まで、初段多数なエリアです。

どちらもエリア前にはスタッフがおります。
駐車や降り口をガイドします。

3時30分:R.C.P活動
景観地石棚の河原とその回りの道路清掃
神太郎水神の河原とその回りの道路清掃
2カ所で行います。

4時...終了予定

懇親会
5時に仲組公民館集合
地域の方々を交えて懇親会バーベキュー
地元見立地区の方々が "バーベキュー"と冷たい飲み物を準備して
お待ちして下さいます。
宮崎の地鶏、焼き鳥や絶品鹿肉焼き....などなど...!!
花火や虫取りなども出来ます!!
楽しい夜にしましょう!!
飲み物、肉、野菜等 差し入れ大歓迎です!
宿泊は仲組公民館座敷間や体育館、グランドにテントでもOKです。
寝具はご用意下さい。(夏でも夜中は少し冷えます。)
お風呂シャワーは仲組公民館のお風呂、シャワーを使って下さい。



27日(日曜)
仲組公民館グランド集合
9時 受付開始
10時 開会式
開会式後梅の木峠エリアに移動します。
各自の車で移動します。
開会式の際にも確認しますが、梅の木峠エリアを見て、
石棚ニューボルダーや神太郎水神エリアに移動されるのもOKです。
移動予定の方は、梅の木峠エリアの下の駐車場に!!
梅の木峠エリアで登られる方は上の駐車場にお願いします。

*梅の木峠の林道はダートです。
車高を低くしてある車は下を"スル"可能性があります。
一般的な普通乗用車、普通小型車、軽自動車は登れます。
車が無い場合はこちらで送迎しますので御心配なく。

仮称"梅の木峠"エリアは、SNSでも既にご紹介しましたとおり日本離れした景観で、
珍しい見立礫岩のハイボルダーが手つかずにゴロゴロと眠っています。
クライマー心を揺さぶられるエリアに間違い有りません。
今回開拓を待たずして、先行でイベントに参加して頂いた方のみ登って頂きます。

終了4時30分予定
5時30分仲組公民館で閉会
6時解散

*両日共に夕立や天候次第では終了が早まります。

イベント内容
26日(土曜日)     
1.  Hit the Boulder !!
  石棚のニューボルダーおよび神太郎水神エリアで
  課題を登って楽しみましょう!!
  カードに自己記入
  1. 絶対本数ナンバーワン
  2. 絶対最高グレーディングナンバーワン
  3. 絶対エリア長距離移動ナンバーワン
  4. 絶対当日自分1人しか登ってない課題ナンバーワン
  5. 絶対開拓者の思い入れの有る課題だろうナンバーワン
  どちらのエリアでもOK!!...2以外はグレードに比例しません!!
  各ナンバーワンクライマーには記念に残る賞品をプレゼント!!
  懇親会の時に表彰です!!

2. R.C.P RETURNES !!
  *石棚エリアは、石の棚の景観地です。
   そこを、クライマーでクリーンアップしましょう!!
   クライマーではない方々の焚き木の後やゴミ、
   ペットボトル、空き缶などを拾い集め美しくしましょう!!
  *神太郎水神は古くから由来のあるお宮様です。
   流木やゴミ、空き缶と降り口を整備しましょう!!

  参加クライマーは各自で軍手持参お願いします。
  
27日(日曜日)
  The  " UNITED " climb!!
      仮称"梅の木峠"エリアの魅力有るラインを登って頂きます。
  岩質は珍しい見立礫岩です。見立礫岩は通常の礫岩質に比べ、
  固く欠け難いのですが、礫岩そのものの本質は変わらず、
  多くが欠けます。
  それを前提に細心の注意を払い "クライマー" として登って
  頂きます。欠けや浮きの石やホールドのチェック、
  将来の危険性など、可能な限り整備はしておりますが、
  全ての安全を担保出来ません。
  このイベントで集まったクライマーが
   "UNITED" (協力、結束)して、安全を確保し合いながら
  1つのラインを完成して課題にして下さい。
  そして、FA後の後続もフォローし合う...有るべき姿を!!
  エリアは優しいラインからたくさん有ります。
  くれぐれも危険を周知、了承の上で参加下さい。
  また、エリアを見て、石棚ニューボルダーや
  神太郎水神エリアに移動されるのもOKです。
  (その場合5時30分仲組公民館の閉会に集まって下さい。)



必要な物
  クライミング用具 防虫対策品 日焼け止め 
   飲み物と食料(朝食や昼色、携帯食必要分)
   泳がれる方は、水着、サンダル等
   寝具

出来れば必要な物
  軍手、ブラシ、ゴミ袋、草刈り道具、開拓道具(お持ちの方)
  
  

雨天中止の場合。

中止の際のお知らせのみ25日(金曜日)の3時



エントリー方法−終了しました。
下記エントリーフォーム記入の上送信して下さい。
エントリー締め切りは8月20日(日曜日)までです。
エントリー後のキャンセルも必ず連絡お願いします。
エントリーの受付の確認はブログに上げます。
キャンセルの連絡やお問い合わせは、
メールにてinfo@hinokage.jpn.orgにお願いします。



 » »